【VPS】ABLENETの登録とMT4インストール方法を解説

VPS

ABLENETでVPSを契約し、MetaTrader4(MT4)インストール手順を解説します。

20年以上サービスを続ける老舗レンタルサーバーのため、安心して利用可能です。

また、10日間の無料期間があるため、VPSが初めての方に特におすすめです。

スポンサーリンク

契約からMT4使用までの流れ

  1. ABLENET(エイブルネット)でVPSを契約する
  2. VPSに接続する
  3. MT4の設定を行う(ここまで無料期間で出来る!)
  4. 本契約を行う

契約からMT4が使用可能になるまで、最短で約1時間くらいです。

申し込み日=契約月として計算するため、月初に契約するのがおすすめです。

  • ABLENETでは利用料の日割り計算がありません。
  • そのため、申し込みは月初の方がお得です。月末だと損をします。
スポンサーリンク

ABLENET(エイブルネット)でVPSを申し込む

まずはABLENETのサイトへアクセスしましょう。

MT4を使用したいので、左側のVPSを選択します。

右上の『申し込む』か『Win1~4』と書いてある部分をクリックしましょう。
どちらも同じページに移動します。

MT4が1~2個ならWin1で十分です。4個以上稼働している方もいます。
Win2だとWindowsServer2019が使用可能です。(Win1は2012R2のみ)
ストレージをSSD、支払い方法を『試用あり』にします。

クレジットカードの場合のみ無料期間が使えます。

利用規約を読み、すべてチェックを入れます。

契約期間は年払いにした方がお得ですが、月単価は変わりません。
(Win1だとどれを選んでも毎月1250円)

ですが、更新時は通常価格になるので、1年以上使用するなら年払いの方が良いです。

見積金額を確認し、同意するをチェックします。

Win2だとここでWindowsServer2019を選択可能です。

クレジットカード情報を入力し終えると、受付完了のメール(左側)が届きます。
この時点ではまだVPSは使えないので少し待ちます。私の場合は約30分掛かりました。

この段階ではまだ『試用期間』なので料金は発生しません。

  • 複数稼働の場合、メモリ不足でEAが正常に動かない場合があります。
  • Win2プランの方がメモリに余裕があります。
  • 契約途中でのプラン変更も可能です。
スポンサーリンク

VPSに接続する

Windowsの場合

ABLENETにもリモートデスクトップ接続の仕方があるので参考にして下さい。

スタートメニュー→Windowsアクセサリ、もしくは虫眼鏡のアイコンから
リモートデスクトップ接続』を検索して開きます。

設定完了メールの通り、コンピュータに『IPアドレス(ドットで区切られた数字)』、
ユーザー名に『administrator』と入力し、接続を押します。

パスワードを求められるので、『初期パスワード』を入力し、
アカウントを記憶するにチェックを入れておきます。

この様な画面が出てくれば、接続に成功しています。

リモート操作なので違和感がありますが、通常のPCと同様に操作可能です。
自分のPCでコピー、VPSで貼り付け、という操作も出来ます。

iPhone / Androidの場合

まずは『RD Client』等のリモートデスクトップアプリを入手しましょう。

Remote Desktop

Remote Desktop

Microsoft Corporation無料posted withアプリーチ

右上の『+』をタップし、出てきた『PCの追加』をタップします。(画像:左)

PC名に設定完了メールの『IPアドレス(ドットで区切られた数字)』を入力します。
ユーザーアカウントには、『administrator』『初期パスワード』を入力しましょう。

最後に右上の『保存』をタップします。

IPアドレスの表示されたアイコンが出るので、タップするとVPSに接続します。

MT4稼働中の画像ですが、デスクトップの画面が映れば成功です。

上部のアイコンを押すと、キーボードやメニュー画面が出てきます。

VPSはWindowsPCなので、『マウスポインタモード』での操作がおすすめです。

マウスのアイコンをタップすると、マウスポインタモードになります。
指のアイコンだとタップモード(通常のスマフォ操作)です。

右下の『すべてのPCを切断』をタップすると、VPSとの接続を終了します。

スポンサーリンク

セキュリティ設定とMetaTrader4のダウンロード

VPSに接続出来たらMT4をダウンロード…したいところですが、初期状態ではセキュリティ設定がONのため、ファイルのダウンロードが一切できないようになっています。

そのため、まずはセキュリティ設定をOFFにしてからMT4をダウンロードします。

ダウンロードが終了したら、セキュリティ設定を必ずONに戻しましょう!

セキュリティ設定をOFFにする

通常のWindowsPCには無い操作ですが、下記の通り行えば心配ありません。

ABLENETにも設定方法をが書かれています。

画面下の道具箱の様なアイコン、『サーバーマネージャー』をクリックします。

左上の『ローカルサーバー』をクリックしてください。

画面右の方に『IEセキュリティ強化の構成』とあるので『有効』をクリックします。

小さなウィンドウが出るので、『両方ともオフ』を選んでOKボタンをクリックします。

次に画面左下のスタートボタン(Windowsボタン)をクリックし、
インターネットエクスプローラー(IE)をクリックして開きます。

右上の『歯車のアイコン』をクリックし、『インターネットオプション』をクリックします。

小さなウィンドウが出るので、『セキュリティ』をクリックし、
『保護モードを有効にする』をクリックしてチェックを外してください。

OKをクリックしてIEを再起動すると、ファイルのダウンロードが可能になります。

MT4のダウンロードとインストール

セキュリティ設定をOFFにしたらMT4をダウンロードします。
VPSでブログを開いてリンクをクリックするか、コピーしてVPS側で貼り付けて下さい。

https://www.xmtrading.com/download/xmtd-mt4 (ダウンロードアドレス)

ダウンロード出来たら、先ほどと反対の手順でセキュリティ設定を有効に戻して下さい。

ダウンロードしたファイルをダブルクリック、
または右クリック→管理者として実行、開くをクリックします。

スマートフォンの場合、ファイルにカーソルを合わせて長押しすると、
右クリックと同じメニューが出ます。

同意書が表示されるので、『次へ』をクリックするとすぐにインストールが始まります。
初めての場合はこれでOKです。

MT4を2つ以上インストールしたい場合、『設定』を押してインストールフォルダとプログラムグループの名前を変更して下さい。

画像の様に『_2』と付けるだけでもOKです。

  • 『次へ』を押すとすぐにインストールが始まる。
  • 別の名前にしておかないと、現在のMT4が上書きされてしまうので注意!
  • 1つ目のMT4で名前を変更しておくと上書き予防可能。

スポンサーリンク

EAの設定を行う

MT4がインストール出来たら、さっそくEAを稼働して自動売買を始めましょう!

スポンサーリンク

本契約を行う

無料期間は申込日を1日目として10日目までです。
本契約に移行しないと11日目に削除されるので、必ず無料期間内に本契約に移行します。

もしくはキャンセルの手続きをしておきましょう。

まずABLEパネルにログインします。IDとパスワードは設定完了のメールにあります。

VPSの状態確認、電源ON、プラン変更は全てABLEパネルから行うため、
ブックマーク登録をしておくと便利です。

左側に『本契約への移行/試用期間のキャンセル手続きへ進む』メニューがあるので、
クリックして本契約の申請を行います。(画像では既に本契約中のためリンクがありません)

申請後、左のメールが届けばOKです。本契約が開始されると右のメールが届きます。
VPS申込日から計算されるため、10日目に申請しても利用期間は増えません。

私は画像の通り申込日が月末だったので、1ヶ月分損をしてしまいました…
4月に入ってから本契約の申請をしましたが、有効期間は翌年の4月になっていません。

以上で本契約は終了です。
有効期限まで自由にVPSを使用することができます。

Bethany DrouinによるPixabayからの画像

コメント

タイトルとURLをコピーしました